スポンサーリンク

初心者が投機(FX・日経225先物など)で生き残るための基本戦略

投機

投資の初心者が生き残る最善の方法が長期投資なことは間違いありません。

しかも長期投資は少額から投資でき税金が優遇される口座で運用ができます。

それに加え積立を設定できる商品を選べばストレスなく資金を投入する事ができドルコスト平均法で最も効率のいい購入もできます。

しかし長期投資でもリスクはあるという事もしっかりと理解しておく必要があります。

以前の記事の中で紹介させていただいた分析ツールを使った方はリスクに関してもきちんと分析し理解されたと思います。

 

そのリスクが短期投資(投機)は長期投資よりも圧倒的に高い(ギャンブル的である)事は明らかで、それををしっかりと理解していないと高確率で大きく資産を減らし退場することになってしまいます。

 

大事な事は自分の夢や目標を達成するために自分はどれくらいのリスクを負うことができるのかの基準を明確に持ち投資(投機)に取り組むという事です。

私が投資に使える金額の9割を長期投資に使い残りの1割以下を短期投資(投機)に使うという考えもこの時点でリスクを最小限に抑える事を考えているからです。

もしあなたが長期投資できちんと生き残る為の戦略取っていて、それでも自分の夢や目標のために短期投資(投機)を高いリスクを承知で取り組もうとお考えなら、私がたどってきた道が参考になると思います。

 

私は短期投資(投機)も投資の一部だと考えて取り組むようになってから明らかに成績も安定しました。

もちろん失敗もありましたし、大きく資金を減らしたタイミングもありました。

しかも大富豪になったわけでもありません。

しかし、なんとか生き残ってこれました。

 

素人だった私が投機(日経225先物ミニ・FX)でここまでなんとか生き残ってこれた具体的な方法をこれからお伝えしていきます。

 

 

まほろば125
まほろば125

私は短期投資(投機)を副業として考えず、あくまでも投資活動の一環として考えています。(バカみたいに大きなリターンを考えていません)

副業はあくまでも事業で持つべきだという考えで、私はそれをeBay輸出で実践しています。

 

 

私と一緒に投機で生き残っていくために必要な戦略を考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

短期投資(投機)で生き残るためには長期的な戦略が必要です

 

短期投資(投機)「これからは単純に『投機』と表記します。」で一番大切な事はまず生き残る事を最大の目標にして戦略を立てることです。

 

長期投資では投資信託の積立をお勧めしましたが、この方法が投資初心者にお勧めなのは、最初にしっかりと商品を分析し選んだら投資のベテランも投資初心者もやる事は基本的に一緒で特別な技術やスキルが必要ないからです。

例えば楽天証券で積立NISA口座で同じ商品を選択しクレジットカード支払いで毎月の限度額(33,333円)で支払うとし、同じタイミングで始めたらベテランも初心者も20年後には同じ結果が待っています。

 

 

まほろば125
まほろば125

なんてすばらしい

 

 

しかし投機ではこのやり方はできません。

投機というのは基本的にその商品の価格の短期的な変動に価値があり、その価格の変動に対して上がるか下がるかを賭けるものです。

投機とはまさに『機』=『タイミング・チャンス』にお金を投げることです。

その商品(個別企業、ドルや円など通貨、日本の株式全体など)の本来の価値ではなくタイミングが全てです。

このタイミングを見計らう能力が高い人は勝ち、低い人は負けます

タイミングを見計らう能力だけではなく勝ち続けるには資金管理など様々な能力が必要です。

決して初心者が簡単にすぐに大きく勝てるようにはなりません。

例えビギナーズラックで最初は勝てたとしても、すぐにそれ以上負けてしまう事がほとんどです。

だからこそ1年の間に9割以上の人が退場し、生き残る人が1割以下という事になってしまうのでしょう。

 

では生き残っていくためには何が必要なのでしょうか?

簡単に言うと初心者から抜けだすまでは大事な資金を入れない事です。

短期的な投機に勝つために中長期の計画をたてて長期的に資金を増やすという戦略です。

自分自身の投資スキルが十分にあがってから実資金を投入するようにすれば間違いなく退場する可能性は低くなります。

 

投機に使うお金も決してなくなっていいお金などではありません。

自分自身の夢や目標を達成するために将来の資金を増やすための手段としてリスクの高い投機を選んだはずです。

ただ勝っては喜び負けてはやけになるだけのギャンブル心を満たすだけなら投機に手を出すのはやめた方が良いと思います。

 

私自身の経験や周りの友人を見ても、結果が出てくるのには1年くらいかかるのは普通の事です。

しかもデモトレードをしっかりとやってきた人は退場せずに今も続けている人が多いです。

 

 

まほろば125
まほろば125

長期的な戦略で投機を攻略しましょう

 

 

投機で生き残るために取り組むべき9つのステップ

 

では投機で生き残るために何をどのような順番で進めていけばいいのでしょうか。

ここでは以前の私と同じように投資資金が豊富ではないけど比較的時間がある場合を考えていきます。

資金がもし豊富にあるならそもそも投機は絶対にやめた方が良いと思いますし、目標達成までの時間が1年以内なら私のお勧めする方法では目標は達成できない可能性が高いです。

 

①投機商品を決める

②その商品について理解を深める

③具体的な手法を見つける

④その手法をデモで練習する

⑤デモで月ベースで利益を上げられるようになる

⑥最低ロットで実弾トレードを開始する

⑦実資金で月ベースで利益を上げられるようになる

⑧資金管理を考えて投入資金を増やす

⑨利益を出金する

 

大まかでいうとこんな感じでしょうか

 

①と②はほとんど同時に行う事になると思います。

自分の投機スタイル(使える資金、使える時間、PC環境など)で商品を決めていく事になりますが

②が無ければ商品を選択する判断基準があいまいになってしまいます。

 

 

まほろば125
まほろば125

ちなみに私は以前は日経225先物ミニとFXを同時にやっていましたが、今は日経225先物ミニを主戦場としています。

 

 

③については手法を見つける際に必要な最低限のテクニカルの理解が必要になります。

ローソク足についての理解は当然ですし、ある程度のインジケータの特性も理解する必要もあります。

時間軸や自分が活動できる時間帯によっても手法は変わってくると思います。

ここで大事なことは高額のサイン生成ツールなどで安易に聖杯を探さない事です。

もちろん初めから利益の上がる手法を見つけることは困難かも知れませんが、テクニカルをまずしっかり勉強しその上で必要ならツールやインジケーターを購入するという順番が良いと考えます。

 

 

まほろば125
まほろば125

私が実際に使用して利益を上げるのに貢献してくれたものについては別の機会に紹介したいと思います。

 

 

私が初心者の方に一番大事だと思っているのが④です。

手法を見つけるとすぐに結果を出したくて実弾でトレードを始める人が本当に多いです。

手法の癖や実際のタイミングなどはすぐには理解できません。

まずはデモで手法通りに行動できるようになるまで反復練習が必要です

 

手法に優位性がキチンとありチャンスとなれば躊躇せずに動けるようになってくると自然と利益が出てきます。

1か月のトータルでプラスにできるようになれば一旦デモを終了して⑥に進んでも良いと思っています。

 

もちろん最初は考えられる最小ロットではじめる事が大事です。

デモで大きく勝ち越せていた人が実際にデモと同じ大きな資金を入れてトレードすると思うようにいかず大きく負けてしまう事も本当によく聞く話です。

 

上手くいかなくなったらまたデモに戻りキチンと行動できるようになったらまた最低ロットで始める事を繰り返していけば⑦にたどり着くことも可能です。

 

ここまでくるともう初心者は卒業し初級者へとステップアップできていると思います。

ここからが本当の投機のスタートだと思います。

 

上記のステップを踏む必要がある事は車の免許を取る時の事を考えれば理解しやすいかも知れません。

 

車の免許を取るには、車を乗る前に周囲の確認や点検を行う事や運転しやすい座席の位置やハンドルの握り方、アクセル、ブレーキ等の基本的な操作方法を学び、同時に座学で法律や車の構造などの知識も学び、それらを実際にできるようにするためにまず安全な教習所内で練習します。

仮免を取って教習所から出てもちゃんとした指導者の下で練習しなければなりません。

頑張って免許を取っても初心者のうちは初心者マークをつけさせられ違反に対しても一般ドライバーよりも早く免許停止になります。

 

なぜこんなに多くのステップを踏まないと初心者から脱出させてくれないのかというと「死ぬ」からです。

運転スキルがないと自分が「死ぬ」事もありますし、最悪なのは自分以外の人を「死なせてしまう」からです。

人間として最大のリスクである「死」と隣り合わせな車の運転をするためにはそのリスクを排除する方法が徹底して取られるのは当然です。

 

投機も資金運用では一番リスクが高く、一歩間違えば自己破産や家族を含めて社会的な「死」を迎えるようなこともあります。

 

その大きなリスクを少しでも少なくし生き残るためには絶対にいきなり高速道路で運転するようなことはしてはいけません。

ハッキリ言ってこのステップ通りに進んでいくうちに限界を感じ投機を断念する事になるかもしれません。

しかし、訳の分からないうちに大きく資金を減らし続けることは避ける事ができ、生き残れる可能性が上がる事は間違いないです。

 

上手く高速道路を運転できる技術が身につけば一般道を走るよりも少し早く目的地に着くことができるようになるかもしれません。

 

 

まほろば125
まほろば125

面倒くさいと思うかもしれませんがあなたの大事な資金をドブに捨てないために頑張りましょう!

 

 

まとめ

 

短期投資(投機)は長期投資に比べ明らかに初心者には難しい

長期投資に比べて大きなリスクをとる必要があり、多くの人は資金を減らして退場する。

 

投機で生き残るためには中長期的戦略でレベルアップを図っていく必要がある

 

投機で生き残るためのスキルを身に付けるために必要なステップ

①投機商品を決める

②その商品について理解を深める

③具体的な手法を見つける

④その手法をデモで練習する

⑤デモで月ベースで利益を上げられるようになる

⑥最低ロットで実弾トレードを開始する

⑦実資金で月ベースで利益を上げられるようになる

⑧資金管理を考えて投入資金を増やす

⑨利益を出金する

 

運転免許を取るつもりで焦らず順番に進んでいく事が大事。

 

生き残る事を最優先に時間をかけてスキルを磨いていくと夢や目標に到達する時間が結果的に早くなる可能性があります。

 

 

まほろば125
まほろば125

投機に手を出した人の9割が退場していくという事実をしっかりと受け止めて、決して焦らず取り組みましょう!

 

まほろば125
まほろば125

次回以降で各ステップの具体的な方法を書いていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました